スポンサーサイト

Posted by sviwateしずおか on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不用な【タオル(フェイスタオルサイズ)】はありますか?

Posted by sviwateしずおか on 19.2012 03 情報   2 comments   0 trackback
皆様!! 
いつも、ご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

皆様、ご存知の 復興ぞうきんの材料である…

復興ぞうきん


【タオル(フェイスタオルサイズ)】
が不足しています。
もし、ご家庭に不用な【タオル(フェイスタオルサイズ)】がございましたら、
復興支援カフェまでお持ち頂きたいと思います。

よろしくお願いいたします!!

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.20 00:22 | | # [edit]
コメントありがとうございます。
製造元のSAVEIWATEさんに確認しましたので、お答えさせて頂きます。

「復興ぞうきん」の企画の経緯としましては、震災後1ヶ月の時点で「物資支援を受けるだけの
立場ではなく、これからは被災者からの情報発信によって双方向のつながりを
持つことが必要になってくるのではないか」という視点から、
SAVE IWATE としてできることを検討したところ、
当時は避難所での暮らしを強いられている人でもできる手仕事をサポートし、
それを全国に向けて販売することで情報発信と同時に
被災者の方の収入支援にもなる、ということになりました。

同時に、支援物資として山のように届いているタオルを材料に
作れる物であれば、余剰物資の活用にもなるし、元手が最小限で済む分、
すぐに始められるし、被災者への還元も大きくなる、ということで、
企画をスムーズに具現化することができたのです。
誤解を与えたことに責任を感じ、申し訳なく思います。

支援物資のタオルが底を尽きそうになった時点で、この活動を
終了させるという意見も内部で出ましたが、その時点で既に、
私たちが当初思い描いていた以上に、ぞうきん縫いや、避難所解散後に
活動の大きな柱となった「サロン」への参加が、被災者の方々にとって
日々の生活の物心両面の大きな支えになっておりました。
この活動を終わらせることがどのような結果をもたらすかを考えると
非常に恐ろしく、材料をあらたに募ってでもこの活動を続けていくことと
したのです。

たくさんのご賛同者に支えられながらここまで活動してきましたが、
「材料の提供を通して、あらためて今度の震災や被災地に想いを寄せる
きっかけとなった」というお声をたくさんいただき、大きな励みに
なるとともに、これもまたこの活動の大きな意義であるとも感じてきた
次第です。

なお、九州豪雨による支援要請のタオルは規格が特になく、また新品で
なくても活用されるということなので、復興ぞうきんでは活用できないものを、
他の物資とともに送らせていただいております。
ご了承いただけますと幸いです。

被災地支援活動に関心を寄せて下さっていることに心より感謝申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


> このフェースタオルは復興雑巾のため? 九州の豪雨被災地のため?
> SAVE IWATEからも九州にタオルを送ったと聞いていますが・・・
>
> 復興雑巾はそもそも震災後に沢山のタオルが集まりすぎて、それをなんとかするために復興雑巾という形で被災者の収入と集いの機会提供に役立てたと聞いています。復興雑巾用に再度集めるというのは何か違うような気がしております。
2012.07.30 12:20 | URL | sviwateしずおか #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sviwateshizuoka.blog81.fc2.com/tb.php/98-27ce02ce

SAVE IWATE しずおか

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県を支援しています。 詳細は、カテゴリでご確認下さい。

sviwateしずおか

<%>
事務局(㈱地域づくりサポートネット内)
〒420-0882 
静岡県静岡市葵区安東2丁目22-24
TEL: 054-248-1539
FAX  054-247-5339
E-mail:saveiwateshizuoka@gmail.com
Follow us on Facebook: Save Iwate しずおか

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。