スポンサーサイト

Posted by sviwateしずおか on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興支援カフェ

Posted by sviwateしずおか on 04.2016 復興支援カフェ   1 comments   0 trackback
皆さんこんにちは。

復興支援カフェ、少しだけリニューアルしました。
場所は変わらず、コミュニティホール七間町 MIRAIE リアン 1Fです。

展示がワゴンになり、商品の展示スペースが少し増えました。
また会計は公社さんにお願いしてますので受付カウンターでお支払いください。

small201606_カフェワゴン01

いくつか新商品のお菓子も取り扱っています。

福島県二本松市 玉嶋屋さんの『玉羊羹』
   楊枝でつついて取り出す楽しい美味しい羊羹
    5個入り 500円、10個入り980円
    季節限定ハートの羊羹(今は桃味) 5個入り540円

岩手県久慈市 竹屋製菓さんの『大豆き甘なっとう』
   岩手県産白目大豆と砂糖だけで作った自然派の珍しくて美味しい甘なっとう
    150g入り 380円
三陸採れたて市場さんの『塩蔵さしみわかめ』
   肉厚で美味しいと大評判
    150g入り 380円(冷凍で8ヶ月、冷蔵で4か月保存可)ほかにも塩蔵こんぶや塩蔵茎わかめもあります。
などなど

もちろん定番の商品もそろっていますよ!

お近くまでお越しの際は覗いてみてください。


スポンサーサイト

第1回クッキングカフェ開催しました

Posted by sviwateしずおか on 20.2015 02 活動報告   0 comments   0 trackback
8月も下旬となり、暑いながらも夜にはコオロギの声もきこえるようになりました。

さて、8月8日、第1回 クッキングカフェを開催しました。
被災地の食材を使った食体験をテーマにした交流会、
1回目は『さばおから』を皆で作り・試食しました。
おからは各家庭で色々なレシピが存在する副菜の代表選手。
今回は、なんとさば缶を使います。

煮魚の残り汁でおからをつくると美味しいのですが、わざわざ煮魚を煮るのは大変。
そこで、今回宮城県石巻市から避難されているFさんが日常よくつくられるという、
サバ缶をつかった簡単おからレシピに挑戦しました。

最初は参加者も半信半疑でクッキングしていましたが、
出来た物を食べたところ全員が美味しいっ!との感想でした。

11872293_712353272202860_2139249430457728081_o.jpg


サバ缶とおから、家庭にある野菜なんでも、調味料も麺つゆがあると簡単です。
サバ缶は水煮でもみそ煮でもどちらでも美味しく出来ます。
ポイントは生姜のみじん切りを多めに用意し、最初に油でいためて香りを出しておくと、魚の生臭みを感じにくくなりますよ!

復興支援カフェでは木の屋石巻水産さんの金華さばの水煮とみそ煮を扱っています。
今回はこの缶詰1缶にたいしておから200~250gを使って作りました。
普通のさば缶でも美味しく出来ますが、是非この金華さば缶を使って作ってみて下さい。
DSC_1116.jpg

下の白缶がみそ煮、黒缶が水煮です。在庫数がわずかとなってきました(特に黒い水煮缶)のでご希望の方はお早めに。
再入荷は、今年の秋、金華さばの収穫後となる予定です。


被災者交流会「クッキング・カフェ」開催します

Posted by sviwateしずおか on 03.2015 03 情報   0 comments   0 trackback
毎日暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?
毎年楽しみにしていらっしゃる方も多い被災者交流会、
今年度も8月から隔月で開催予定です。

今年度は東北被災地3県ゆかりの料理を作って味わって話をしながら楽しもう!
を目的として
「クッキング・カフェ」を開催します。
第1回は8月8日(土曜日) サバ缶を使っておからを作ります。
場所は 静岡YWCAさんの御協力のもとで静岡教会さん敷地内の教育館2Fキッチンをお借りする予定です。
時間は10時~12時です。

参加料は東北大震災の避難者の方は無料、一般参加者は大人500円、子供250円です。
参加お待ちしております。

20150716_クッキングカフェ募集チラシ_ページ_1

20150716_クッキングカフェ募集チラシ_ページ_2

お寺さんのお盆行事に助けられています

Posted by sviwateしずおか on 30.2015 復興支援カフェ   0 comments   0 trackback
毎年7月のお盆には、葵区瀬名にある増福寺さんと光鏡院さんの御協力で、復興支援カフェの商品を紹介・販売していただいております。両寺院ともご先祖様を供養するだけでなく常日頃から東北大震災の復興支援に熱心に取り組まれて、頭の下がる思いです。

増福寺さんの東北支援物産コーナー「スマイルショップ」
手書きのポップが可愛いです。
20150725_増福寺盆行事本堂販売所1

20150725_増福寺盆行事本堂販売所3

光鏡院さんの盆行事での販売の様子
カフェでおなじみの商品や新商品がありますね。
11057465_807228372708033_1551661946011552485_n.jpg

11745801_807228382708032_3884062254590012616_n.jpg


「心の宅急便」届けました!

Posted by sviwateしずおか on 23.2015 01 SAVE IWATE しずおか について   0 comments   0 trackback
完成しました!!

 「地球と握手 -福島を想う-」

こちらの作品は
2月28日、静岡で市民参加のアートプロジェクトにより作られた粘土アートを
後日1200℃で焼成し、造形作家・松宮喜代勝氏が一つの作品に仕上げたものです。
(詳しくは3/4の記事をご覧ください!)


20150409_作品写真(個別)
静岡の避難者・支援者の方々が握ったカタチが

20150410_作品写真(集合)
造形作品に


私たちが暮らす地球は
木を育て森を生みだすような優しい場所です

一方で、地震を起こしたり火山を噴火させるような
エネルギーももっています

優しい地球も厳しい地球も受け入れて、
共に生きていかなければならない


作品にはそうした思いがこめられています



さて…

4月16日、福島県の飯舘村立飯樋・草野・臼石小学校に
こちらの作品を寄贈してきました!

飯舘小学校は、飯舘村の隣町の川俣町に疎開している
児童数150人くらいの仮設小学校です。

心の宅急便1

こちらが校長先生

心の宅急便2


今回、静岡のNPOカンテラさんが
児童の皆さんにボールパフォーマンスを披露してくださいました。
カンテラさんは3度目の訪問!

心の宅急便5

心の宅急便3

その後、私たちが作品を寄贈。

心の宅急便6

心の宅急便4


作家の松宮さんはニューヨークやベルリンでの個展、上海万博参加など世界で活躍する芸術家であること
作品には、静岡にいる避難者や支援活動の仲間が、心を込めて握った土が添えられており
松宮さんと SAVE IWATE しずおか のコラボで行ったプロジェクトであること
…など説明しました。

児童の皆さんに「何に見える?」と質問したところ
「日本」 「卵」 「6時」 ・・・ などいろいろな答えが返ってきましたよ。


先生方も大変喜んでくさいました。

心の宅急便のミッションを達成できたのではないかと思います!
  

SAVE IWATE しずおか

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県を支援しています。 詳細は、カテゴリでご確認下さい。

sviwateしずおか

<%>
事務局(㈱地域づくりサポートネット内)
〒420-0882 
静岡県静岡市葵区安東2丁目22-24
TEL: 054-248-1539
FAX  054-247-5339
E-mail:saveiwateshizuoka@gmail.com
Follow us on Facebook: Save Iwate しずおか

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。